飲酒問題・アルコール依存でお悩みなら、ふたついカウンセリングにご相談下さい。 飲酒問題、アルコール依存を抱える方のためのカウンセリングを行います。ご家族の方も是非ご利用下さい。 心理面では、うつ、摂食障害などお酒以外で気になることなら何でもお話し下さい。 現在、アルコールに関係する問題があることで停滞感を感じている方も、心理カウンセラーと一緒に今ココから変化させていきましょう。 日本全国どこでも対応。通話料無料で、安心の適正価格。断酒、禁酒、減酒など幅広く承ります。
公開日:2020年5月6日
最終更新日:2020年5月7日

【提言】日本学術会議から日本政府への、アディクション(嗜癖)問題に関する提言

アディクション問題克服に向けた学術活動のあり方に関する提言

日本学術会議のマーク

資料を紹介させて下さい。

アディクション問題克服に向けた学術活動のあり方に関する提言(←PDFファイル)

(こちらで内容のポイントがまとめられています)

この資料は、令和2年(2020年)4月15日に公表されたものです。

アディクションについて、徹底して「科学」の視点から論じられています。

また、これから「国レベル」で必要と考えられる取り組みについて、まとめられています。

お時間ございます時に、是非ファイルを開いて、目を通してみて下さい。

アディクションの全容の解明が待たれる←けれど、もう快復している人もいる

日本学術会議は、アディクションへの取り組みを強化するべきだと国へ訴えている

アディクションの脳の全容をイメージした図

この資料は、日本学術会議の、日本政府への「提言」です。

そのため、

とありながら、

とあります。

このように、「個人」として受け止めようとするものなら、身も蓋もないように感じられる内容のことも書かれています。

・・・

この点に関しましては、私からは一言(ヒトコト)添えたいと思います。

資料にあることは、あくまで、アディクション「全体」での取り組みのあり方についてのことです。

「個人」にとって、「壁」になるような内容ではありません。

病態の解明、治療法の確立を「待つ」必要はない

「待つ」のではなく、今すぐできることがある

夢や希望、勇気のイメージ

アディクションの病態の解明、治療法の確立(また、治療薬の開発)が進むことは、当然ながら望まれることです。

思い立ったが吉日。

今、ご自身で必要だと感じられることから、行動してみてください。

また、是非心理カウンセリングも、検討してみて下さい。

この記事のキーワード

ふたついカウンセリングとは?

じっと辛さに耐えておられる方、また家族の方、是非ご相談下さい。

どのような内容のことでも、親身にお伺いします。

ニックネームでも『問い合わせ・予約』が可能です。

メールで問い合わせる

この記事の著者

二井 大作
二井 大作
記事一覧

著者一覧