飲酒問題・アルコール依存でお悩みなら、ふたついカウンセリングにご相談下さい。 飲酒問題、アルコール依存を抱える方のためのカウンセリングを行います。ご家族の方も是非ご利用下さい。 心理面では、うつ、摂食障害などお酒以外で気になることなら何でもお話し下さい。 現在、アルコールに関係する問題があることで停滞感を感じている方も、心理カウンセラーと一緒に今ココから変化させていきましょう。 日本全国どこでも対応。通話料無料で、安心の適正価格。断酒、禁酒、減酒など幅広く承ります。
公開日:2018年2月21日
最終更新日:2019年3月3日

『アルコール依存』周知の飲酒問題①「行動上の問題」

『アルコール依存』周知の飲酒問題①「行動上の問題」

まず、「アルコール依存」で連想するのは、「行動上の問題」ではないでしょうか?

お酒をやめる、も行動です。

それが続かない、うそをついてまた飲酒する?生活をおざなりにして、お酒を求める?仕事にも支障が出る?

他人を困らせる?警察のお世話になるかも?etc…

それらはすべて「行動上の問題」です。

このままではいけないし、だから断固たる決意で以て断酒を誓うのである。

行動を改めるのである。

それが現在の断酒であり、現在のアルコーる問題に対する基本姿勢です。

語られないアルコール問題②「身体的問題」

お酒のある生活と、お酒のない生活では「楽しみがひとつ減った」ではなく、非常に大きなことで、

その変化は「身体」に影響するかもしれません。

お酒をやめて、その代わりに栄養のあるご飯をたくさん食べて元気に快活になれる方は良いです。

しかし、

語られないアルコール問題②「身体的問題」

眠れない、胃腸が働かない、力が入らないといったものから、何か説明のつかない不快感まで、とにかく自分の「身体」が「嫌」で仕方が無い。

そのような方が、当たり前ですが多くおられます。

もちろんその際も断酒であるから、それを「言い訳」にしてお酒に手を出すことは許されず、身体の不具合については表面的な対処しかできずにいます。

きっとこの不具合は不快感は、アルコール依存(その他依存)が関係しているのだけれど、「言い訳」をするな!と言われるから胸に閉まっておく??

語られないアルコール問題③「心理的問題」

心理、つまり内面的な部分に関して、現在は「欠けた人間」を更生するようなシステムのように私には思えるのです。

アルコール依存の更生は「欠けた人間」を更生させるよう?

あなたは気を抜くと、また過ちを犯す人間だ。

心理的なケアは、うつや不安症などと同じ薬を処方された方もおられると思いますが、「依存」した心理はというと、ほとんどの場合手つかずです。

無理矢理に統合すると、非難されても仕方のない立場だが、落ちた気持ちは薬で上げてあげる。

薬で持ち直した心で過去を償い、二度と同じ失敗を繰り返すな。

つまり「依存するこころ」、心理的な側面は度外視して語られているのです。

②身体と③心理の密接な相互関係、を覆う①行動

身体と「こころ」が密接な関係であることは、言うまでもないですが、そのどちらが悪くてどちらに働きかけているのかもわからず、身体も「こころ」も弱っている時ほど、①行動による「事実」が襲いかかりやすい傾向があります。

何故か、「今となってはどうしようもない過去」を思い出す時、その時は「身体」も「こころ」も傾いている状態なのではないか?と推測します。

もしかしたら完全に「自虐」モードに入っているかも?

もしかしたら完全に「自虐」モードに入っているかも?

自分を嘲笑することで一時的に「こころ」が楽になる(防衛)ことがありますが、問題は尚残り続けるので不快感ももちろん継続します。

④?飲酒問題・アルコール依存ではない、これからの課題

アルコール問題を考える際、取った行動、これからとる行動、それらを考えることも必要であると思いますが、身体的な部分、心理的な部分も合わせて考えて自分なりの解決が必要であると私は考えています。

何かを無視して、その部分がお酒と紐付けられていたら、それは不快なのではないかな?と考えます。

だから飲酒問題・アルコール依存としっかり対峙する機会を設ける。

飲酒問題・アルコール依存ではない、これからの課題

まずは今の不快感から考えていくのが良いかもしれません。

何か「壁」を感じていることがあるのであれば、もちろんそれが良いです。

仮にすべてに納得がいきアルコール依存を乗り越えたら・・・

「何の問題もない、課題のない、あなたがただそこに残る」なんてことは、無いと思います。

「お酒と関係のない」自分なりの課題が生まれ、あるいは山積みで、だから頑張れて、それがアルコール依存ではなく「普通」なのではないか?と思うのです。

課題があって、今度は立ち向かえて、決してお酒にだけは逃げない。

あるいはお酒さえ飲まなければなんとかなる。

決意してお酒を我慢している自分、ではなく「壁を乗り越えた」自分を目指して戴きたいです。

この記事のキーワード

ふたついカウンセリングとは?

じっと辛さに耐えておられる方、また家族の方、是非ご相談下さい。

どのような内容のことでも、親身にお伺いします。

ニックネームでも『問い合わせ・予約』が可能です。

メールで問い合わせる

この記事の著者

二井 大作
二井 大作
記事一覧

著者一覧