飲酒問題・アルコール依存でお悩みなら、ふたついカウンセリングにご相談下さい。 飲酒問題、アルコール依存を抱える方のためのカウンセリングを行います。ご家族の方も是非ご利用下さい。 心理面では、うつ、摂食障害などお酒以外で気になることなら何でもお話し下さい。 現在、アルコールに関係する問題があることで停滞感を感じている方も、心理カウンセラーと一緒に今ココから変化させていきましょう。 日本全国どこでも対応。通話料無料で、安心の適正価格。断酒、禁酒、減酒など幅広く承ります。
公開日:2018年7月8日
最終更新日:2019年4月25日

アルコール依存の現在(アルコール依存は完治はしないが回復はする

アルコール依存は完治はしないが回復はする。

その言葉が一つの「希望」のように掲げられています。

決して焦らず、「回復する」その言葉を信じて、お酒を断ち続けることが大切なのだ。

そう言われています。

アルコール依存 回復とは? 何がどうなって回復と呼ぶのか?

アルコール依存が回復する・・・

アルコール依存 回復とは? 何がどうなって回復と呼ぶのか?

回復とは一体どういうことなのでしょうか?

「回復する」に「主語」がありません。

きっと、身体的な部分以外にも、家庭内の問題の収束や、社会的信用の回復や様々なことを見越してのことだと思います。

お酒を断りさえすれば、すべて上手くいく。

自助グループで懺悔と贖罪を続けていれば約7割の人はお酒が断れる。(すべてが上向いていく)

・・・本当にそうでしょうか?

正しくは、上手くいく(その人にとって)人もいれば、上手くいかない(その人にとって)人もいる、ではないでしょうか?

飲酒問題・アルコール依存の変化と、回復

今のままでよいと心から思えない方。

現実的に、問題と対峙しませんか?

今後、お酒と上手く付き合えるかどうかはわかりません。

しかし、「依存」という心理的な面に関しては、克服することが可能です。

たとえ「断酒をする」と意気込んでも、要は今からお酒を飲まないで「居る」のみです。そして時折、あるいは常に襲いかかる不快感に耐えるのみ。

そうではなく「今から」できることがあります。

「どうしようもない」の多くは「どうすればよいかわからない」です。

考えましょう。考えて考えれば、きっと問題はポジティブに変化します。

お酒と関係のない悩みが増えるかもしれません。

それが回復なのかもしれません。

この記事のキーワード

ふたついカウンセリングとは?

じっと辛さに耐えておられる方、また家族の方、是非ご相談下さい。

どのような内容のことでも、親身にお伺いします。

ニックネームでも『問い合わせ・予約』が可能です。

メールで問い合わせる

この記事の著者

二井 大作
二井 大作
記事一覧

著者一覧