飲酒問題・アルコール依存でお悩みなら、ふたついカウンセリングにご相談下さい。 飲酒問題、アルコール依存を抱える方のためのカウンセリングを行います。ご家族の方も是非ご利用下さい。 心理面では、うつ、摂食障害などお酒以外で気になることなら何でもお話し下さい。 現在、アルコールに関係する問題があることで停滞感を感じている方も、心理カウンセラーと一緒に今ココから変化させていきましょう。 日本全国どこでも対応。通話料無料で、安心の適正価格。断酒、禁酒、減酒など幅広く承ります。
公開日:2017年5月16日
最終更新日:2019年3月3日

断酒会に行っても何だかうまくいかない方に

この飲酒問題・アルコール依存専門カウンセラーは「断酒会はなかなか難しいよ。」と言うのだろうと思われがちですが、私は決してそうは思っておりません。

「断酒会、頑張って通い続けようね!」と応援するのも、それは「その人自身の状況による」と思っております。

アルコール依存の中、断酒会での取り組みで「快活な毎日」を送れているのであれば断酒会は「その方にとって」正解です。

でも、現実はそう簡単ではないのです。

お酒を口にしないことを目的に断酒をする?

お酒を口にしないことを目的に断酒をする?断酒は目的ではなく、手段です。

 

 

 

 

 

お酒を口にしないことがっ目的で断酒をしています。

↑ この言い方はおかしいですよね?

快活な、充実した、ご機嫌な、ウキウキする、あるいは「ごく普通がいい!」 そんな毎日を願って、それを目的として断酒をする。

断酒は手段であって目的ではない?(葛藤)

そういうことかもしれません。

その中で、いつも思うのですが、悩まれているご本人、そしてご家族にとって断酒会って一体何なのでしょう?

断酒会通いをノルマ」のように考えてしまったら、それは何の意味があるでしょうか?

そして「お酒の存在から逃げている」ということであれば、それはどんな意味があるのでしょう?

誰かへ向けての「証明」や「懺悔」であるならば、自己犠牲ははらんでおられないでしょうか?

目的が達成されない断酒の継続

口にしない毎日は手に入れられても、「たとえごく普通でいい」という、心の底からの願いや、「目的」が達成されません。

言葉を選ばずに言いますとアルコールに依存してから「お酒を飲んでいないだけ」ではないでしょうか?

それでも年数が経てばいつかは元気になるという期待をもちつつ、それで、どんどんとお酒から解放されていくのかというと、なかなかそうはいかないようです。

疑問。「無理やり断酒」は本当に「目的への道」でしょうか?

無理やり断酒って、本当に「目的」への道でしょうか?

お酒を飲む人生から「避ける」人生になるだけ?

・・・その「避ける」人生に心から納得出来ない人だっているということです。

納得できる/できないが「優劣」でもなければ、「良し悪し」でもなく、それは「人それぞれの考え方」であって、違いがあって当然であると私は考えています。

何をもって成功とするかすら、人それぞれなのだと考えます。

酒害者は「~すべき」を一度やめてみる

自分を取り囲んでいる「~すべき」「~あるべき」というものを一度取り除いて考えてみませんか?

お酒について自由に語ってみる、例えばポジティブな内容のことは慎む「べき」ではなく。

どうすれば自分は毎日楽しく過ごせるのか。未来に希望が持てるのか。

過去が償いたい。やり直したいのであれば、それらも現実的に検討をしてみる。

その「当たり前」を飲酒問題・アルコール「依存」が阻んではいないでしょうか?

断酒会に敬意を払いながら

色んな方々の感情を一気に引き受けて、現在進行形で誰かに安らぎを与えている「会」そのものに最大級の敬意を払いながら・・・

同時に、「個人」「家族」単位で考えなきゃ、しようがないこと。

社会復帰ではなく「社会貢献」まで考えると、アルコール依存界隈は「まだまだ」であること。

他の病も併せ持っていたり、障がいがあるのであれば、オーダーメイドで検討した方が、きっと生きやすいし幸せになれるということ。

私は私で、信念を曲げずに活動していきます。

この記事のキーワード

ふたついカウンセリングとは?

じっと辛さに耐えておられる方、また家族の方、是非ご相談下さい。

どのような内容のことでも、親身にお伺いします。

ニックネームでも『問い合わせ・予約』が可能です。

メールで問い合わせる

この記事の著者

二井 大作
二井 大作
記事一覧

著者一覧