飲酒問題・アルコール依存でお悩みなら、ふたついカウンセリングにご相談下さい。 飲酒問題、アルコール依存を抱える方のためのカウンセリングを行います。ご家族の方も是非ご利用下さい。 心理面では、うつ、摂食障害などお酒以外で気になることなら何でもお話し下さい。 現在、アルコールに関係する問題があることで停滞感を感じている方も、心理カウンセラーと一緒に今ココから変化させていきましょう。 日本全国どこでも対応。通話料無料で、安心の適正価格。断酒、禁酒、減酒など幅広く承ります。
公開日:2017年8月4日
最終更新日:2019年3月3日

力が「沸く」お酒(アルコール依存に関わらず)

「興奮のお酒」というものがあります。

気分が高揚しているし、酔いはあるけれども、何か研ぎ澄まされた感じ。

アルコール依存の力が「沸く」お酒 

集中力も馬力もアップしているような気がして、自信が沸いてくる。

アルコール依存でなくとっも、お酒を好んで飲まれる方であれば一度は経験したことのある状態なのではないか?と思います。

人との交流の場でのお酒は、このような飲み方をする方が多いと思います。

力が「吸われる」お酒

一方で、力が吸われるお酒があります。

気怠く、ボーっとしていて、

アルコール依存の力が「吸われる」お酒 

酔いの「沼」のようなものにズブズブと沈み込んでいく感じ・・・

前者のお酒は、頭がスカっとしているのに対し、このお酒は、頭がスカっとすることを嫌い、

時にはそれを恐れたりもします。

脳みそを使って、お酒ではなく「アルコール」をじっくりと味わう感じ。

身体をアルコールにつけ込む感じ。

お気づきの通り、後者が依存的な飲み方であることが多いです。

力が「湧く」酒、「吸われる」酒 ※両方の飲酒のメリット

力が沸くお酒にも力が吸われるお酒にもメリットがあります。

力が沸くお酒は、何かに頼らなければ力が沸いてこない際も、頼れば沸いてくるのです。

力を吸われるお酒は、直視したく無い「今」の輪郭をボヤけさせることが出来るのです。

どちらもメリットを感じ続ける限り、「好き」ですし、

飲まないことにデメリットしか感じない状態での断酒は「苦行」以外の何者でもありません。

アルコール依存者のお酒を飲まない理由

アルコール依存とはお酒をとにかく求めるようになる病気(正確には障害)なのだといった説明で納得を強いられているのが現状です。

しかし、今お酒を求めてしまうのには必ず理由があって、飲むことによって得る感覚があって、

飲まなければ避けられない負の感覚があって、感情があるのです。

断酒せねばならない!

一滴も飲んではならない!

その「命令」は、あまりにも現状を度外視したものです。

時にその命令は「迷惑だから」という理由であることもあります。

自分の飲酒問題・アルコール依存について改めて考える

飲む理由についても、改めて考えてみて戴きたいのです。

そして話して戴きたい。

飲まないと起こりうる不都合についてもお聞かせ下さい。

些細なことでも、あるいは些細なことなんて無いのかもしれません。

あなたが思うのであれば、それはどんなことでも大事なことであるので。

カウンセリングの中で、問題が整理され、課題が浮き上がってきた時、行動が伴った時、日常にやる気が沸いてきた時、

きっと「飲まない理由」が出来ると思います。

この記事のキーワード

ふたついカウンセリングとは?

じっと辛さに耐えておられる方、また家族の方、是非ご相談下さい。

どのような内容のことでも、親身にお伺いします。

ニックネームでも『問い合わせ・予約』が可能です。

メールで問い合わせる

この記事の著者

二井 大作
二井 大作
記事一覧

著者一覧