飲酒問題・アルコール依存でお悩みなら、ふたついカウンセリングにご相談下さい。 飲酒問題、アルコール依存を抱える方のためのカウンセリングを行います。ご家族の方も是非ご利用下さい。 心理面では、うつ、摂食障害などお酒以外で気になることなら何でもお話し下さい。 現在、アルコールに関係する問題があることで停滞感を感じている方も、心理カウンセラーと一緒に今ココから変化させていきましょう。 日本全国どこでも対応。通話料無料で、安心の適正価格。断酒、禁酒、減酒など幅広く承ります。
公開日:2017年6月3日
最終更新日:2019年3月3日

何故この人はアルコール依存であると認めないのか

アルコール依存を認めない男性

問題飲酒を繰り返しているのに自身が依存していると認めない。

では、この人は何の危機感も無く、良かれと思って酒を飲み続けているかと言いますと、そうではないことが大半です。

何故アルコール依存症であると認めないかと言いますと、「依存していることを認めるとお酒が飲めなくなるから」という理由が、何かしらの形で関わってくると思います。

ならば人に迷惑をかけてなお、快楽を求める自分本位でワガママなのかというと、

快楽を求めるというよりは「不快感に耐えられない」のです。

アルコール依存の症状に苦しまされている。

こころの病であるので、飲まないことで、こころが悲鳴を上げているのです。

アルコール依存者は「申し訳なさ」を感じている

酒害者は「申し訳なさ」を感じている

皆がそうかもしれない、と私は渦中で肌で感じました。

私自身ももちろんそうでした。

申し訳ないのです。

こういったこと、想像出来ませんか?

ふと、妙に優しくなる時がある。飲んで飲んで、その後何かお土産を買って家に帰る。

申し訳ないから、プラスで返そうとするのですね。

酒を飲まないことは辛すぎる上、仮に飲まなかったとしてもプラスもマイナスもありません。

だったら飲んだ上でプラスなことをした方が良いと考えてしまうのです。

この行動を短絡的に過ぎると言ってしまえばそれまでですが、本心では申し訳ないと思っていて、本当はあなたを大事に思っているから

離れて欲しくないこころの現れとも捉えられないでしょうか?

とにかくアルコール依存を認めなければならない?

とにかくアルコール依存を認めなければならない?と首をかじげる女性

本人にやめ気が無いのであればやめられないと言われています。

確かに他者が何かを提供することで治る病ではありません。

病院でも、結局「飲むな!認めろ!」ということなのです。

では周囲は何も出来ないのでしょうか?

試しに、本人のアルコール依存=(こころの病)について

考える「機会」について考えてみては戴けないでしょうか?

ひとつとして同じ飲酒問題・アルコール依存はない(個人)

LINE通話カウンセリングSkype通話カウンセリング

ひとつとして同じ依存がなく、ひとつとして同じ関係性の繋がりというものがないので他者は本当の意味での参考にはならないと思います。

ご本人の症状も、そして関係性も一つとして同じケースは存在しないので難しいことであることは否めません。

しかし、こころの病を克服しようと前向きになれたらどうでしょう?

酒を取り上げるではなく、お酒で慰めていた傷ついたこころを修復し始めたらどうでしょう?

そう考えた際、私はその「機会」というものが絶対に必要であると考えるのです。

依存症者は申し訳なさを感じていることが大半であると申しました。

お酒から解放されて=苦しみから解放されて、余裕が出来たら

きっと素直に感謝は表せるようになると思います。

私自身、依存症を乗り越えたことで人の大切さを常に感じています。

「依存症から解放され、人に心からの感謝が出来る断酒」というものを目指しています。

まずは「機会」をつくることをご家族としての依存症克服の第一歩として

考えてみて下さい。

この記事のキーワード

ふたついカウンセリングとは?

じっと辛さに耐えておられる方、また家族の方、是非ご相談下さい。

どのような内容のことでも、親身にお伺いします。

ニックネームでも『問い合わせ・予約』が可能です。

メールで問い合わせる

この記事の著者

二井 大作
二井 大作
記事一覧

著者一覧